『I novel』(星新一風2次創作)

N氏の心の中には、いつも一冊の絵本があった。

昔、保育所で一度だけ読んだ本。主人公の冒険物語だ。
その内容はN氏の小さな世界を無限に広げた。綴られる言葉の1つ1つが、N氏の小さな胸を躍らせた。
それからの彼が経験した劇的な出来事は、全てその本に重ね合わせた。大きな岐路に立ったときは、その本の主人公になりきって選択を下した。
N氏はその六十余年の人生を、そうして歩んできた。特別華やかではなかったが、十分N氏の納得にいくものだった。今年定年退職したN氏には、その老後を費やして成し遂げたいことがあった。

「自分の人生そのものであるあの絵本を、もう一度読むこと」

N氏は、その本の題名を覚えていなかったのだ。
もちろんこれまでも、あの絵本を求めて色々な方法を試みた。
かつてそれを読んだ保育所に行ってみたこともあった。しかし並べてある本の多くは新しいものに変えられており、探し当てることは出来なかった。
インターネットで検索しようとしたこともあった。しかしネットの記事が爆発的に増えた今となっては、関係のないと思われる情報しか見出せなかった。そもそも古い本で、ネット上に記載されていたとも思えない。同じ理由で、周囲の人間は誰もその存在を知らなかった。

今のN氏が試そうとしたのは、それとは全く違う方法だった。
端的に言ってしまえば、それは盗作だ。
自分の記憶を頼りに、あの絵本を出来る限り再現する。それを出版社に持ち込むか、残りの財産を費やして販売する。
あんなにN氏を感動させた絵本だ。N氏は自分に文才があるとは思えなかったが、あの本のコピーが出来たなら、それなりの人気が出ると踏んでいた。本は広まり、多くの人間の目に留まる。そしていつかN氏の求める人間が現れるはずだ。「このN氏の本は、昔出版されたあの絵本の模倣だ」と言う人間が。N氏の人生を支えた、あの絵本の題名を知る人間が。

N氏は人生の中で、その内容を何度も何度も反芻してきた。再現できる自信はあった。
だが、もちろん盗作で印税を得るのは犯罪行為だ。家族を養っていく必要や世間体も考慮すると、今まではそれが出来なかった。
これは残り少ない人生となってこその、N氏の切り札だった。

かくしてN氏はそれを実行に移した。
ところどころ曖昧な部分は、N氏自身の人生を振り返り思い出した。もはやN氏の人生がその本そのものだったのだ。記憶を辿れば、自然とあるべき文字が浮かんできた。
一冊の本として完成させると、出版社に持ち込みに行った。数軒回っても出版してもらえないとなれば、自費出版も厭わない覚悟だった。しかし一軒目で本は出版が決まり、N氏と印税についての取り決めが行われた。単純に編集者から本の内容を評価されてのことだった。N氏は安心するよりも、その編集者もあの絵本を知らないことを残念に思った。
本は瞬く間に重版された。N氏の元に舞い込む印税は、時と共に加速的に増えて行った。人生の深みが少ない文字に凝縮されているとされ、一部の教科書に載ることにもなった。

しかし、あの絵本を知るという者の存在は現れなかった。
やがてN氏は老衰し、自分に残された時間が少ないことを悟った。
そうした中、自分の作品が売れることで、盗作という罪悪感は手に負えないほど大きくなった。
耐えかねたN氏は、ついにある取材で白状した。「あの作品は盗作にすぎない。自分の中から生まれたものじゃない」と。記者は、N氏自身の人生が、その絵本の影響を受けたものだったのだと解釈した。そしてその解釈をもってN氏の作品を見返すと、題名も何より相応しいものに思えた。
『I novel』
N氏は「自分の人生そのもの」という意味で名付けていたが、世間が彼の意図したように理解しなかった。それは彼が生きている間も、死んでからも変わらなかった。

N氏の死後、『I novel』は名作絵本として揺るぎない人気を誇っていた。
一部のファンの中には、生前N氏が影響を受けた土地を巡ろうと、彼が通っていた保育園に訪れた者もいた。
現在の園長は彼らを歓迎し、決まって本棚に通すのだった。本棚には、古いものから新しいものまで、あらゆる絵本が並んでいる。それは職員が気に入っている絵本を持ち寄って出来たもので、古くなったからといって捨てられることはほとんどない。
だがその中に、『I novel』と同じ内容の本は一冊として無い。読者たちは必ず、N氏に衝撃を与えた本を見つけようと園内の絵本を全て読み、分からないままに帰っていく。
その日も、1人の『I novel』愛読者が保育園を訪れていた。彼もN氏の言う絵本を見つけることはできなかったが、質の高い作品を読んで満足していた。
彼が特に気に入ったのは、ある冒険物語だった。
長い間園児に読まれ続け、彼らを楽しませたその絵本。表紙の塗装は剥げて、題名はもう消えていた。

おわり

#短編小説 #二次創作 #RADWIMPS #星新一

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕が有名になった後「秋野ひろは俺/私が育てた」と公言できる権利を獲得できます。大変お買い得です。

ゴトン(恋に落ちる音)
7

秋野ひろ

マンガ家。描きたいテーマのアーカイブに使ってます。

【短編集】

1話完結の作品集。死ぬほど暇な夜に。

コメント1件

思い付いたアイデアをメモしようとしたらそのまま短編小説になったので載せました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。