秋野ひろ

マンガ家。コルクインディーズ。描きたい感情、描いたマンガのアーカイブ、日記に使いがちです。

秋野ひろ

マンガ家。コルクインディーズ。描きたい感情、描いたマンガのアーカイブ、日記に使いがちです。

    マガジン

    • 【マンガ】プロ散歩者

      散歩好きな人に共感されたくて共感されたくてしかたがないので描いてるマンガです。

    • 見返したい(復讐の意でなく)作品たち

      気に入った他の方の作品を見返すためのもの

    • ウケる絵が描けるようになるまでの記録

    • マンガ【アンチ児童画展体験】

      このマンガを書くにあたって感じたこととか整理したい情報を文字にしていったものです。

    • 日記

    最近の記事

    【備忘録】初めて110番した

    先日、人生で初めて110番通報をする機会があったので、覚えとこうと思って書いたメモです。 特にクライマックスもオチもないので、めちゃくちゃ暇な方向けです。 -- 自宅にいると、窓の外から「ジリリリリリリ!」って音が聞こえてきた。 ドアを開けてみると、思ったより大きい音で、これが自分のアパートの火災報知器とかやったら怖いなと思って一旦外に出た。 外に出たら音源は隣のマンションだったっぽく、住人と思われる人が10人くらい外に出ていた。 目覚まし時計100個を一部屋に詰め

    スキ
    13
      • 話し合いは主体性から #20210910

        これは編集者の佐渡島庸平氏と、マンガ家のつのだふむさん、高堀健太(ホリプー)さんとの打ち合わせ(定例会)の振り返りです 定例会の前後、参加しているマンガ家メンバーでよく「よい定例会とは」について話し合う。 ・・・が、今のところせいぜい「悪くなかった」くらいの感じで、もっと価値のある話し合いの方法があったんだろうなぁ、それをどうしたらいいのかは分からんが・・・みたいな振り返りになることが多かった。 今回は特にそんな感じになってしまって、それで振り返りnoteも何を軸に書く

        スキ
        11
        • せめて救いようのある勘違い野郎になりたい #20210903

          これは編集者の佐渡島庸平氏と、マンガ家のつのだふむさん、高堀健太(ホリプー)さんとの打ち合わせの振り返りです 僕は勘違い野郎である最近僕はすごい成長した。 マンガを描くことを通じて、ちょっとずつ自分のことが知れてきた。 何が成長したかというと、自分はめちゃくちゃな勘違い野郎だとわかったことだ。 僕はあらゆることを自分に都合よく決めつけ、わかった気になり、向き合うことをやめるのが得意らしい、ということがわかってきた。 たとえば、編集者の佐渡島さんが会った当初からずっと

          スキ
          31
          • 振り返りを習慣にしたい #20210827

            これは編集者の佐渡島庸平氏と、マンガ家のつのだふむさん、高堀健太(ホリプー)さんとの打ち合わせの振り返りです 振り返りを書くぞの決意意味わからんくらい面白いマンガを描きたい。 意味わからんくらい面白いマンガを描きたいのだが、そのためにはそれ相応のスピードで成長しないといけない。 これまで正直自分の成長ポテンシャルを過大評価していて「とりあえず描いていたら成長するだろう」と思っていた。 しかし自分は思っていたよりサボり癖があるみたいで、自分のマンガが面白くならない問題と

            スキ
            22
            • 話し合いは主体性から #20210910

              スキ
              11
              11か月前
              • せめて救いようのある勘違い野郎になりたい #20210903

                スキ
                31
                11か月前
                • 振り返りを習慣にしたい #20210827

                  スキ
                  22
                  11か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 【マンガ】プロ散歩者

                  • 1本

                  散歩好きな人に共感されたくて共感されたくてしかたがないので描いてるマンガです。

                • 見返したい(復讐の意でなく)作品たち

                  • 5本

                  気に入った他の方の作品を見返すためのもの

                • ウケる絵が描けるようになるまでの記録

                  • 1本
                • マンガ【アンチ児童画展体験】

                  • 8本

                  このマンガを書くにあたって感じたこととか整理したい情報を文字にしていったものです。

                • 日記

                  • 3本
                • 昆虫食

                  • 0本
                • 自由研究

                  • 3本

                  好奇心と初期衝動による体験記

                • 【短編集】

                  • 8本

                  1話完結の作品集。死ぬほど暇な夜に。

                  • 3本

                  絵です。

                • 【マンガ】プロ散歩者

                  • 1本

                  散歩好きな人に共感されたくて共感されたくてしかたがないので描いてるマンガです。

                • 見返したい(復讐の意でなく)作品たち

                  • 5本

                  気に入った他の方の作品を見返すためのもの

                • ウケる絵が描けるようになるまでの記録

                  • 1本
                • マンガ【アンチ児童画展体験】

                  • 8本

                  このマンガを書くにあたって感じたこととか整理したい情報を文字にしていったものです。

                • 日記

                  • 3本
                • 昆虫食

                  • 0本
                • 自由研究

                  • 3本

                  好奇心と初期衝動による体験記

                • 【短編集】

                  • 8本

                  1話完結の作品集。死ぬほど暇な夜に。

                  • 3本

                  絵です。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 【教育実習レポマンガ】交換ノートにイラスト描いてたら注意された話

                    スキ
                    14
                    • 近所の世界遺産

                      スキ
                      9
                    • 感覚派ヒューマニストの世界

                      インターネットによって席巻したポリティカル・コレクトネス的な善は、私たちが潜在的に持っていた性善説的な願望を打ち砕いた。ハラスメント、差別、偏見、ジェンダーバイアスといった議論が旧い世代にある種の衝撃と分断をもたらしたのは、これらが内包している「悪への無自覚」という視点のためである。これまで悪とはヒーロショー的な二元論によって管理されるもの―――つまり「悪人が・悪意を持って」なす所業とみなされ、「一般的な善人である私たち」と隔てられているものとして描写されてきた。 ポスト・

                      スキ
                      314
                      有料
                      100
                    • 「よかれと思って」のメカニズムー課題の分離とは何か

                      優しさや善意には私たちを助け、より良くしてくれるものと、反対に危険な状態に引き込み、その状態から抜け出せなくしてしまうものがある。 精神的に自立していない人間は自分と他人の区別がつけられないが、これによって他人に自分の幸福を押しつけたり、あるいは自分の不幸を他人に肩代わりさせようとする。 この問題は、アドラー心理学の代名詞となっている「課題の分離」という言葉によって説明される。課題の分離は、私の問題は私の問題であり、あなたの問題はあなたの問題であるという「自我と他者」の切

                      スキ
                      90
                      有料
                      100
                      • 戒めTシャツ、はじめました

                        僕はマンガ家になりたいので、絵が上手くなる必要がある。 どうすれば絵が上手くなるのかを相談したときに、一番大事なのは「意識」だと言われた。 今の自分の技術に満足せず、目指す絵に近づこうとする美意識を持ち続ける必要がある。 じゃあどうすればその意識を持てるのか、を考えているときにこう言われた。 「自分の絵でTシャツを作って着てみなよ」 正直、めっちゃ嫌だなぁと思った。 松本大洋さんとか浅野いにおさんのTシャツが着たい・・・ でも嫌だと思う気持ちが生じるなら、それが

                        スキ
                        7
                        • 【マンガ】 「あの場所」で会おうや

                          2年前に帰省したときの体験をマンガにしたものです。 地元の友達との、しばらく会ってなかったり連絡すらとってなくても、緩やかに繋がれている感覚が好きです。 今年はコロナが怖くて帰省してないんですが、どうせまたいつも通り会えるのでまあいいや、と思えるのが幸せな感じがします。

                          スキ
                          3
                          • 【定例議事録】あるべき打ち合わせとは

                            これは、やじまけんじさんと佐渡島さんの、「コッペくんの次の話をどんな内容にするか?」という打ち合わせを見学させてもらって、そこでの気付きをまとめたものです。(2020年10月23日) 「俺を鏡として使いなよ」打ち合わせの最中、佐渡島さんが言った言葉だ。 鏡として使うとはどのようなことを指すのか。 僕はこんな風に受け取った。 1.自分の作品が読者からどのように読まれるか確認する。 これは純粋にマンガのフィードバックをもらうという意味だ。 どこが分からなかったとか、ど

                            スキ
                            3
                            • 【定例議事録】共有しまくりのススメ

                              これは、やじまけんじさんと佐渡島さんの、「コッペくんの次の話をどんな内容にするか?」という打ち合わせを見学させてもらって、そこでの気付きをまとめたものです。(2020年10月9日) チームに共有しようめちゃくちゃよく言われていることだし、チームで強くなるために必要だと納得できることだ。 ただ今回のやじまさんの定例に参加させてもらって、「そういうことも共有した方がいいのか」「共有によってそういう意味も生まれるのか」という気づきがあったので、それをまとまる。 意識できていな

                              スキ
                              6
                              • 損得勘定しがちな僕が知り合いを大事にしようと思った日

                                スキ
                                9
                                • 『痛かったら手挙げてね〜』って言われたので挙げた日

                                  スキ
                                  12
                                  • 大学一年の夏休み

                                    今みたいな大変な状態じゃなくても友達はあんまりできない

                                    スキ
                                    4
                                    • 【定例議事録】自分の褒められポイント

                                      これは、やじまけんじさんと佐渡島さんの、「コッペくんの次の話をどんな内容にするか?」という打ち合わせを見学させてもらって、そこでの気付きをまとめたものです。(2020年8月21日) 「今回どう褒めたらいいのか教えて?」これは佐渡島さんが、やじまさんの打ち合わせ前に載せたネームを見てまず言った言葉だ。 最初、僕は「褒めるところがない」というフィードバックを遠回しにしているのかと思いなんとなく怖く感じていた。 ・・・が、実はこの言葉には、合理的かつ大切な2つの意図が含まれて

                                      スキ
                                      1