5、共感されてぇ〜〜〜〜

この前編集者の佐渡島さんと、この児童画展マンガについて話させてもらった。

1ページ目で何の話かがわかって、かつオチに興味がわくように出てきていた、という描き出しは褒めてもらいつつ、オチの部分について2つ指摘をもらった。

それで当初と描く予定だった話の順番を入れ替えたので、意識したことをメモしておく。

1、ちょっとメッセージわかりにくくない?

当初、伝えたいメッセージは「児童画展で”よい”とされるものと、図工美術の教科目標は価値基準が違っているので、学校は児童画展から距離をおくべき」としていた。

これってちょっと複雑だよね、ということだった。

美術は「わかりやすさ」に対抗する学問でもあるので、複雑なのは多少仕方ないとは思いつつ、できる限り一言で言えるようにしようと思った。

考えた結果、「目的にそって行動すべき」というメッセージが最重要なものとして分かるようにして、他の情報を要素として入れ込めばいいのでは、と考えた。

2、説教臭くない?

それで「目的にそった行動をしよう」をメッセージにしたわけだけど、じゃあ果たして僕がそれを言えるのか?という問題になった。

出来もしないことを説教臭く言われても共感しにくいよ、とのことだった。

たしかにその通りだと思った。

でも、「目的にそった行動をしなくても、まあ難しいし仕方ないよね」で終わらせたくはなかった。

・・・そこまで考えて、じゃあ

「目的にそった行動をしようと心がけるべき(今できてなかったとしても)」

というニュアンスなら共感してもらえるのでは??と考えた。


これを一番のメッセージにして、少し話の順番を変えた。

最初はこんなふうに描こうとしていた。


1、児童画展はヤバイところだ

(具体:審査基準の曖昧さ、審査長が絵を破ったりする)

2、でも児童画展の賞をたのしみにする人もいる

(具体:小学校の先生の話、妹の受賞の話)

3、だけど美術教育の目標はそうじゃないので、分けて考えた方がいい

(具体:大学で学んだ話)


それを、次のように変えた。

1、児童画展はヤバイところだ

(具体:審査基準の曖昧さ、根拠として大学で学んだ話)

2、その目的を見失った状態でいいという見方もある

(具体:小学校の先生の話、妹の受賞の話)

3、とはいえ目的を見失い続けるとマジで狂うので努力はすべきだ

(具体:審査長が絵を破る)


2パターン描いて比べたわけではないので、与える印象がどう違うのかは推測するしかない。

が、この審査長が絵を破った話はひさしぶりにRTしてもらったりコメントもらえたりしたので、多少共感してもらえたのかな、と思う。


工夫のおかげだとしたらうれしい。

明日ついに最終更新になる。

展覧会主義が終わって、児童画展が学校にとってどうでもいい存在になればいいのにな、と真剣に思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

僕が有名になった後「秋野ひろは俺/私が育てた」と公言できるようになります。

ゴトン(恋に落ちる音)
24
マンガ家。コルクインディーズ。描きたい感情、描いたマンガのアーカイブ、日記に使いがちです。

こちらでもピックアップされています

マンガ【アンチ児童画展体験】
マンガ【アンチ児童画展体験】
  • 8本

このマンガを書くにあたって感じたこととか整理したい情報を文字にしていったものです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。