秋野ひろ

マンガ家。コルクインディーズ。描きたい感情、描いたマンガのアーカイブ、日記に使いがちです。

秋野ひろ

マンガ家。コルクインディーズ。描きたい感情、描いたマンガのアーカイブ、日記に使いがちです。

    マガジン

    • 昆虫食

    • マンガの振り返りとか

      学び的な振り返りのまとめ

    • 日記

    • 自由研究

      好奇心と初期衝動による体験記

    • 【マンガ】プロ散歩者

      散歩好きな人に共感されたくて共感されたくてしかたがないので描いてるマンガです。

    記事一覧

    昨日投稿した2作、文壇バー『月に吠える』主催の「人はなぜ本を返さないのか?文学賞」に応募したあと改稿したものです。
    応募要項もすごく面白いので、是非見たあとで読んでみて下さい。
    http://magazine.moonbark.net/information/nazehon/

    秋野ひろ
    5年前

    『良 いなか』(1840字)

    「ええ御守りやんか。祈年祭で売っとってもおかしくないくらいや。ありがとうな」 そう言って田沼先輩が笑った。無人精米機から出て来たばかりの上白米のような、輝くよう…

    秋野ひろ
    5年前

    昨日投稿した2作、文壇バー『月に吠える』主催の「人はなぜ本を返さないのか?文学賞」に応募したあと改稿したものです。
    応募要項もすごく面白いので、是非見たあとで読んでみて下さい。
    http://magazine.moonbark.net/information/nazehon/

    『良 いなか』(1840字)

    「ええ御守りやんか。祈年祭で売っとってもおかしくないくらいや。ありがとうな」
    そう言って田沼先輩が笑った。無人精米機から出て来たばかりの上白米のような、輝くように白い歯を見せる。
    「そんな…喜んでもらえて嬉しいです。受験、絶対合格して下さいね」
    私は胸の前で両手を握った。先輩もそれに合わせて、ガッツポーズをしてくれる。それを見て、喉に餅が詰まったような気分になった。手をそっと胸に当てる。先輩の合格

    もっとみる