秋野ひろ

マンガ家。コルクインディーズ。描きたいテーマのアーカイブに使ってます。自分の行動原理を「〇〇したいから」で説明できるようになりたい

『フシのボタン(1万字)』

【男 Ⅰ】  ちょうどよかった。  癌の告知をされたときは、そう思った。  今のおれにあるものを考えた。妻と娘がいた。大学を出てから働き続けている職場があった。だ...

『I novel』(星新一風2次創作)

N氏の心の中には、いつも一冊の絵本があった。 昔、保育所で一度だけ読んだ本。主人公の冒険物語だ。 その内容はN氏の小さな世界を無限に広げた。綴られる言葉の1つ1つ...

とびだせ!落書き!!(絵)

先日「 #土曜絵画 」とハッシュタグを付けて載せてみたところ、絵に関しては、ツイッターよりnoteの方が多くの人に見てもらえることがわかったので、また過去の作品を上げ...

『竹撮りの翁』(306字)

時は平成。竹取りの翁と呼ばれている者がおりました。野山に立ち入っては竹を取り、多くの竹細工を作っていました。 ある夕暮れのことです。翁は近いうちに誕生日を迎える...

【日記】屋上の賞味期限

高校生になれば、屋上には自由に出入り出来ると思っていた。ジャンプ漫画の中で何度も読んだ。だが現実は甘くはなく、立ち入る機会すら与えられなかった。 誰もが夢見て諦...

昨日投稿した2作、文壇バー『月に吠える』主催の「人はなぜ本を返さないのか?文学賞」に応募したあと改稿したものです。
応募要項もすごく面白いので、是非見たあとで読んでみて下さい。
http://magazine.moonbark.net/information/nazehon/